冬の乾燥はこうやってのりきる!!

ブログ

投稿日: 2019年12月13日

最終更新日: 2020年01月03日

今年も寒いですね{{ (>_<) }}

学校ではインフルエンザが流行り出しました(>_<)

風邪にかかって体調を崩さないように気を付けてくださいね(≧∀≦)

お店でももうそろそろ加湿器を用意しようと思います。湿度が低く乾燥してくると寒さも感じやすいそうで、加湿器で湿気を部屋に入れることで室内温度が暖かく感じられると聞きました。また、インフルエンザや風邪のウイルスは

外出後の手洗い、 流水・石鹸による手洗いは手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するために有効な方法です。インフルエンザに限らず接触や飛沫感染などを感染経路とする感染症の対策の基本です。インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。アルコールが気になる場合は重曹をお水に溶かしてスプレーボトルに入れ使う方法もあります。(100ccの水に小さじ一杯)使い切れる量がポイント。

適度な湿度の保持
空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。

十分な休養とバランスのとれた食事
体の抵抗力を高めるために、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を日ごろから心がけましょう。

 

インフルエンザウイルスはお洋服にも付着しています。こまめに洗濯するポイントは良く濯ぐ!!

残留洗剤、柔軟剤の使いすぎは返って体調不良の原因になることがあります。

今年もあと半月になりました。

来年に向けてあと一息です。